検索

緊急事態宣言・新型コロナウイルス感染拡大防止

最終更新: 2月11日

緊急事態宣言に伴うご契約対応について

現在当社では、賃貸借契約時の立ち会い契約を行って参りましたが、緊急事態宣言に伴い、契約立ち会いを暫く自粛することと致しましたのでお知らせいたします。


皆様のご理解とご協力を賜りますよう、何卒、宜しくお願い致します。





18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

全国居住支援法人協議会に入会致しました。

高齢者、障がい者など(要配慮者)住まいを確保しにくい方たちを支援する団体が連携し 課題解決に取り組む協議会です。 高齢者、障がい者、外国人、低所得者、母子家庭、生活保護受給者などが住宅を借りす際 家賃の滞納や近隣トラブル、孤独死等を懸念し賃貸人から入居を断られてしまう事が多いためこのような団体が住宅確保を目的とし活動しております。 是非一度「全国居住支援協議会」のHPで活動内容をご覧ください。

N様のお悩みをご紹介いたします、連帯保証人は家賃保証会社を利用しますが 緊急連絡先になってくれる人がいない場合はどうすれば良いですか。

仕事の都合で引っ越しが必要になりました。私の両親はすでに他界している上に兄弟もいません、親戚とも疎遠なため親族に緊急連絡先を頼むことは困難です。緊急連絡先を頼めるほどの友人もおりません。お部屋を借りる際には不動産会社や家賃保証会社に緊急連絡先を提出する必要があります。緊急連絡先は入居者との関係性が近い三親等などが望ましいとされますが、入居者の友人・知人でも認められるケースもあります。しかし、入居者

【賃貸住宅】緊急連絡先も法人化により誰でも住宅を借りられる時代!借主、貸主に両者にとってもメリット!

関係者各位 新型コロナウイルス感染拡大に伴う景気の急激な悪化により、多くの家庭が経済的な打撃を受けている状況の中、より安価な賃貸住宅への住み替えを支援するなど、住まいのサポートの重要性がますます高まっています。 一般社団法人フース(所在地:東京都千代田区)は『すべての方に住まいの提供』『だれにも頼らず自分一人で借りられる』をコンセプトに賃貸住宅ご入居の際、身寄りが居ない、誰にも居場所を知られたくな